ソロ旅のすすめ


【辻堂グルメ】湘南濃厚つけめん&源頼朝の死因と伝わる落馬地

藤沢辻堂の「麺屋 海心」で濃厚つけめんを頂きました。中太麺を濃厚スープにたっぷり絡めてトロトロ肉厚チャーシューと食べるつけめんは、最高でした!食事の後は、源頼朝の落馬地という歴史上、謎に包まれたスポットへ。鎌倉幕府から開府7年という1199年に源頼朝は53歳で亡くなりました。その最大の原因が「相模川の橋供養」記念式典の帰り道に、八的ヶ原(辻堂)で落馬したことにより、意識喪失し、やがて死去したと伝わる。しかし、その事が記述されるまでには、だいぶ時が経ってからの事であったり、ある書物では、源義経や安徳天皇の亡霊が現れ、落馬したという祟りの噂も囁かれている。謎に包まれた源頼朝の死について考えながら、辻堂を歩いてみるのは如何でしょうか。

 

#海心#つけめん#辻堂#源頼朝#落馬


江ノ電を眺めてボロネーゼ&和田一族終焉の地「和田塚」

鎌倉由比ガ浜の「AWkitchen GARDEN鎌倉」で江ノ電を眺めながらボロネーゼを頂きました。人気の野菜料理やパスタを中心に、近隣の農家さんがつくる三浦・湘南野菜や地元の新鮮な魚介を楽しめる一軒家レストランです。お店までのアクセスは、鎌倉駅西口から地元民の生活路として利用する風情のある御成通りを歩き、5分程と近く。由比ヶ浜大通りと江ノ電が交差する三角地帯(江ノ電旧大町駅)にあるため、食事をしながら、ガーデンテラスと店内、どちらからでも江ノ電を見ることができるオシャレに鎌倉を感じられる最高に素敵なレストランです。「Local」をテーマに洗練されたお料理と地元の雰囲気を融合させた、新しい街のシンボルとなっています。ランチだくではなく、観光の後のカフェタイムでの利用も良く、広い店内でのんびりしながら、美味しいスイーツを楽しめます。食事の後は、どちらの方面にも繰り出せますが、ソロ旅ならではの、マニアックなスポットへ。江ノ電「和田塚駅」から歩いて1分と近く、鎌倉幕府初期の歴史を感じられる「和田塚」に行ってきました。鎌倉幕府の初代の侍所別当に就いた「和田義盛」の最後となった和田合戦を振り返りながら、和田一族終焉の地を歩いてみるのも乙な観光となるでしょう。

 

#AWkitchen GARDEN鎌倉#イタリアン#和田塚#江ノ電#由比ヶ浜

 


肉のプロが認める「焼肉の傑作」&白旗大明神

鎌倉小町の「焼肉かまくら本店」さんで、肉卸直送の厳選和牛を頂きました。肉のプロが認める「焼肉の傑作」と謳う極上の国産和牛は、良質で新鮮で、うまうまでした。無煙ロースターの遠赤外線効果で焼くお肉は肉汁がたっぷりのまま旨味を落とさず焼き上がるため、お肉の味をしっかりと味わえます。秘伝のタレは、甘口と辛口、どちらも美味ですよー!鎌倉駅近くアクセス良し、若宮大路、段葛、二の鳥居を眼下に眺めらながらのローケーション良し、味良し、と三拍子揃ったおすすめ店です。鶴岡八幡宮にも行きやすいです。鶴岡八幡宮は、下宮、舞殿、若宮、上宮と参拝して帰られる方が大半ですが、境内にある末社「白旗神社」も是非訪れてほしいです。源頼朝の死後、朝廷から「白旗大明神」を賜り、北条政子が創建したと伝わります。鎌倉の歴史の一歩先へ足を伸ばしてみる観光を楽しんでみては如何でしょう。

 

#焼肉かまくら本店#白旗神社#焼き肉#ランチ#鶴岡八幡宮

レトロ喫茶カルボナーラ&鎌倉幕府最長の将軍御所

鎌倉小町の「喫茶モア(MORE)」さんで、老舗の味のカルボナーラを頂きました。鎌倉駅から小町通りを入ってすぐの場所にあり、長年憩いの場として愛されるお店です。お店はどこか懐かしいレトロな雰囲気で、店内はウッディテイストの喫茶店。food、sweets、coffee、soft drinkと、豊富な喫茶メニューがあり、昔ながらの味が味わえる喫茶店ファンには、最高です!食事の後は、鎌倉幕府の中で最も長く置かれていた将軍の御所「若宮大路幕府跡」を訪れました。観光地鎌倉の喧騒を少し離れ、住宅街を歩きます。地元の方々が通る通用路であり、路地好きファンは必見のスポットです。

 

#喫茶モア#小町通り#カルボナーラ#路地#若宮大路幕府跡



お母さんがつくる「カツカレー」&幽閉の地

鎌倉二階堂の「わらしべちょー茶」さんで、昔懐かしいカツカレーを頂きました。店構えは、田舎風の日本家屋で、真っ白な暖簾をくぐると、お父さんが明るく迎えてくれます。厨房では、お母さんが、黙々と料理を作っています。開店から次々とお客さんが入ってきて、お父さんとの会話を聞いていると地元の人が多いようです。ほとんどの人が「本日の定食」を頼みます。日替わりが人気ということは、お店に来る頻度が多いのでしょうね。私は、ちょー茶さんのカツカレーが大好きで、いつもカツカレーを注文します。カレーはお肉たっぷりで濃口凝縮!トンカツは、サクサク!そして、お米は富山県産のコシヒカリ!ルー・トンカツ・ごばん、全部良きな、どこか懐かしくもあるお母さんのカツカレーです!お値段もリーズナブルですし、鎌倉の東方エリアの観光には立地もよく、オススメの穴場の人気店です。食事の後は、徒歩30秒で鎌倉宮へ。鎌倉宮は、創建が1869年、明治時代に明治天皇の命令により建てられたため、鎌倉宮の歴史は、それほど古くないですが、祭神の護良親王に纏わる歴史を感じられるスポットです。後醍醐天皇の皇子として生まれ、皇族・僧侶・武将・天台座主・征夷大将軍と、様々な役目を果たしました。鎌倉幕府の倒幕をさせた中心人物でありながら、足利尊氏の陰謀により、鎌倉へ流罪となり、この二階堂のエリアに幽閉され、殺害されました。護良親王の生涯に想いを馳せながら、二階堂を歩いてみるソロ旅は如何でしょうか。

 

#わらしべちょー茶#二階堂#鎌倉宮#カレーライス#地元飯

悪魔のナポリタン&鎌倉坂道シリーズ

鎌倉雪ノ下の「albicacca (アルビコッカ)」さんで、悪魔のナポリタンを頂きました。インパクト抜群のキャッチーな料理名に惹かれて注文してみたら、超絶おいしい旨辛のナポリタンでした。ただ辛いという料理は好まない私にとって、旨味のあとにじわっとやってくる辛味は、辛くて美味しいと断言できる最高のパスタでした。観光客の往来が全くない、住宅街に溶け込む隠れ家のような築100年の古民家カフェは、外観だけでもファンになる人が多く、カフェ好きには堪らない人気店です。交通アクセスは鎌倉駅と北鎌倉駅の中間地点となり、少し遠く感じがちですが、鶴岡八幡宮から徒歩3分くらい、建長寺からも坂を下り7分くらいと観光の後にランチ、カフェ、ディナー、どの時間帯でも利用しやすいお店です。本格イタリアンなのに、カジュアルに楽しめちゃう古民家の店内雰囲気が最高です!更にさらに、お料理を作るオーナーシェフもスタッフさんも優しい人柄で、ゆったりとした鎌倉タイムを楽しめるでしょう。100年前からあるという古民家は、不思議なパワーでも宿るお店と立地なんです。食事の後は、アルビコッカさんの沿道を登って行くとある「青梅聖天社」という古社を訪れました。実は鶴岡八幡宮からアルビコッカさんを通り、青梅聖天社へと続く道は、鎌倉七口のひとつ「巨福呂坂切通し」の旧道なのどす。道祖神、庚申塔の石像群もあり、歴史探索には、ワクワクするソロ旅お勧めルートです。数百年もの間、鎌倉へ通ずる道として多くの人が行き交った道を歩きながら歴史に思いを馳せてみるのも醍醐味です。聖天社は、夫婦和合という夫婦が仲良くなれるという御利益があるとか。縁結びより深い御利益がありそうですね!

 

#albicocca#巨福呂坂#切通し#古民家カフェ#イタリアン



魅惑の極楽カリー&ぼたもち伝説の寺院

鎌倉大町の「極楽カリー」さんで魅惑のチキンカリーを頂けました。鎌倉の地元民の間でもファンが多く、鎌倉を代表するカリーショップです。数十種のスパイスが効いたカリーを一皿食べれば、ココロもカラダも整い、浄化されると噂の幸福・健康カレー。「極楽粉」というマル秘のスパイス粉をかけて食べるとやみつきになる人が続出。2020年9月より由比ヶ浜通りから大町に移転しました。店内の雰囲気は、以前のブッタテイストの世界観全開というより、オシャレなカフェ空間になり、味と世界観を変わらずです。カリー好きのみならず、鎌倉観光の際に1度は、訪れてほしいお勧めのお店です。食事の後は、鎌倉時代の伝説がお寺の別名ともなった常栄寺(別名:ぼたもち寺)を訪問しました。江戸時代に建立されたお寺ですが、鎌倉時代、布教活動に命をかけて取り組んでいた日蓮と桟敷尼のお話を想像しながら、お参りしてみてはいかがでしょうか。

 

#極楽カリー#大町#カレー#観光Vlog#ぼたもち寺

昔ながらのらーめんと初の摂家将軍「九条頼経」

鎌倉雪ノ下の「蓮」さんで、1976年の創業から継承される昔ながらの懐かしいしょう油らーめんと炒飯を頂きました。鎌倉では数少ない町中華のひとつで、鶴岡八幡宮からもアクセスが良く、若宮大路に沿いに軒を連ね、地元の方々も、たくさん訪れるお店です。私は、蓮の自家製チャーシューが大好きです。肉チューバー好きの皆さん、是非、お試しください!食後は、段葛を横断して若宮大路の逆サイドへ渡り、鎌倉3幕府のひとつ、「宇津宮辻子幕府跡」の宇津宮稲荷神社へお参りに行きました。初の摂家将軍「九条(藤原)頼経」ゆかりの地で、わずか2歳で京都から鎌倉へ、政治の権力争いに利用された幼き少年。源頼朝の血筋を継ぐ源氏将軍が断絶し、執権北条氏による執権政治に移り変わる時代を生きた者達の事を想像しながら探索してみるのは如何でしょうか。

 

#町中華#蓮#らーめん#鎌倉観光#雪ノ下



鎌倉ハンバーグと源頼朝が建立した3大寺院

鎌倉雪ノ下、「雪ノ茶屋」さんで、黒毛和牛の旨味がたっぷりの「鎌倉ハンバーグ」を頂きました。黒毛和牛を100%使用したお肉にチーズをコーティングして食べる美味しさは、誰もが満足する本格の一品。デミグラスソースに、目玉焼き、じゃがいも、にんじん、いんげん、子供心に火のつく、最高の付け合わせです。厚みがあるのに、柔らかくて、ナイフを入れたら吸い込まれるあの感触は、堪りません!和のテイストが組み込まれたクラシックモダンな雰囲気の店内は、大人な落ち着いた雰囲気と、ステンドグラスの仕切り壁があったりと、和洋融合スタイルで私の大好きな空間です。デザートのスイーツが、これまた、美味しいんです。食事の後は、源頼朝が鎌倉の建立した「3大寺院」の1つに数えられる「勝長寿院跡」を訪れました。大御堂と称された勝長寿院は、源頼朝の父「源義朝」を供養するために建てられた壮大な寺院かつ広大な境内を誇っていた事が想像できます。大御堂ヶ谷という地は、鎌倉時代初期から時代の終焉を迎えた後も大切に守られてきた場所です。今は何も残されておらず、跡地の石碑と源義朝の墓と鎌倉政家の墓のみですが、歴史の浪漫を感じるには、最高のスポットです。ソロ旅で、ゆっくり時空を超えた遊びを楽しむのにおすすめです。

 

#雪ノ茶屋#雪ノ下#ハンバーグ#勝長寿院#鎌倉観光

沙羅善の濃厚豚骨魚介つけめん&鎌倉の秘境へソロ旅

北鎌倉山ノ内の「沙羅善」さんで、厳選国産食材のみ使用の「濃厚豚骨魚介つけめん」を頂きました。まさに味で勝負!と言わんばかりの、こだわり尽くした渾身の一杯です。店主(梅澤愛優香さん)は、元アイドル活動をされていたと話題で国民的アイドルグループAKBから麺の道を志したという異色の経歴ではありますが、気合いの入りようは、お店を訪れ店主と向き合うとラーメンへの情熱を感じざるおえません。独学で独自開発のラーメン屋を含め数店舗経営されているというラーメン愛が半端ないです。鎌倉五山第一位という格式高い建長寺のすぐ近く、北鎌倉観光の昼食には最適な立地です。店内は清潔感があり、優雅なつけめんタイムを楽しめる「雰囲気良し」・「味良し」のお店です。食後は、近隣の神社仏閣ではなく、ソロ旅ならではの観光をしてきました。定番の観光プランでは絶対候補に上がらない、北鎌倉の更に北奥となる鎌倉の境地「今泉」エリアへ。史跡巡り好きな方は、探究心が溢れ出しそうなワクワクコースです。目指すは、鎌倉幕府開府の頃からある白山神社(毘沙門堂)です。源頼朝が京都の鞍馬寺から持ち帰ったという毘沙門天像を勧請したお堂。そんな鎌倉の表舞台には出てこない秘境へ、少し足を伸ばして、自分だけの観光をしてみるのに最適なコースです。山間深い谷戸は、自然が多く、健康的で癒される旅になるでしょう。

 

#山ノ内#沙羅善#梅澤愛優香#北鎌倉#中華蕎麦



【福日和カフェ】ルーロー丼&御霊神社

鎌倉坂ノ下の「福日和カフェ」さんで、優しい味で身体に良さげなルーロー丼を頂きました。築70年以上を超える古民家カフェ。鎌倉でのんびり癒されたい方へ最適なお店です。お店のスタッフさんが話しかけてくれて、仲良くなれるような、あったかい雰囲気。本場系の独特なクセの強い魯肉飯が少し苦手な私ですが、福日和カフェさんのルーロー丼は、もちもちの玄米飯に、熟成卵、食べやすく味付けされた和を感じる魯肉飯です。食事の後は、平安時代に建立された「御霊神社(坂ノ下)」へ。鎌倉の中でも古社となる御霊神社の祭神は、「鎌倉権五郎景政(正)」という湘南地域を開発した武将です。鎌倉景政は、目に矢が刺さっていても戦ったという武勇伝を残す強者です。御霊神社は、鎌倉氏、梶原氏、村岡氏、大庭氏、長尾氏の鎌倉五平家の5つの御霊を祀る神社で「五霊神社」という意味があるようです。海に近い坂ノ下は、海に密接した古くからの暮らしや歴史を感じられるエリアなので、のんびりと汐風を感じながら鎌倉探索、カフェ巡り、史跡巡り、を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

 

#坂ノ下#福日和カフェ#人気カフェ#観光Vlog

【鎌倉殿】真夏の焼肉ランチ&鎌倉幕府9代将軍

鎌倉小町の「焼肉 うみかぜ」さんで、厳選和牛の焼肉ランチを頂きました。店内は、レトロな昭和スタイルで、照明や店内のメニューポップなど、私の大好きな雰囲気です。湘南で、女子焼肉ランチをしているグループもたくさん見かけます。やっぱり夏は肉ですよね!とても贅沢なひとり焼肉をした後は、鎌倉の歴史を学べる穴場スポットへ。2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でも話題となること間違いない、鎌倉幕府の将軍(鎌倉殿)歴代9人を学びに「小池小路」を訪れてみては、如何でしょう。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(作:三谷幸喜、主演:小栗旬)は、この鎌倉時代の将軍(鎌倉殿)を支えた側近(執権・北条義時をや御家人)の者たちにスポットを当てた作品のようです。日本の歴史上、初めて合議制で政治が動いたという瞬間。この13人の勢力争いで勝ち残った「北条義時」を演じる「小栗旬」さんが見られる2年後が楽しみですね。

 

#鎌倉殿#うみかぜ#小町#焼肉#観光Vlog




和風チャーシュー丼と鎌倉最古の窟不動


鎌倉雪ノ下の「不動茶屋」さんで、和風「チャーシュー丼」を頂きました。2019年4月に放送された「出没!アド街ック天国」でもランクインした人気のお店です。観光客で溢れるというよりも、鎌倉の街をもう少し深く知りたい方や、落ち着きのある鎌倉を求める方々が訪れている印象があります。少し遅めのランチに、または、カフェ利用に、類を見ない独特な雰囲気の店内で、昔懐かしい味の鎌倉グルメを楽しめるのも醍醐味です。何よりも私は付け合わせの梅干しが大好物で、梅干し目当てで訪店することも。食後は、お店の路地に佇む「巌窟不動尊(いわやふどうそん)」に立ち寄りました。鎌倉幕府開府前からあり続けるという鎌倉で最も古いと伝わる不動明王です。源頼朝が鎌倉入りする前からこの町の人々の苦しみを救ってきたお不動様にお手を合わせる旅も良いのではないでしょうか。

 

#不動茶屋#巌窟不動尊#雪ノ下#和食#観光Vlog

やみつき肉南そばと新田義貞ゆかりの寺院


鎌倉材木座の「そば処 土手」さんで、やみつきになるのは間違いない「肉南そば」を頂きました。こちらのお蕎麦屋さんは、ブラタモリでも紹介されたお店で、ブラタモリファンは絶対に訪れたいスポットでしょう。鎌倉の歴史だけではなく、地理を知るヒントとなる屋号は、前方に広がる材木座海岸(旧名:前浜)からつづく砂丘の名残りとのこと。街歩きの醍醐味を感じます。食後は、新田義貞が鎌倉に唯一建立した「九品寺」を訪問し、鎌倉攻めで鎌倉幕府が終焉を迎える事となった一時代の最後の歴史を感じました。

 

#九品寺#土手#蕎麦#観光Vlog



鶴岡八幡宮の参拝前に食べて欲しい上品まぜSOBA


鎌倉小町通りから、とある小道に入ると、料亭のような店構えをしたラーメン店「篝(かがり)」さんがあります。人気の鶏白湯ではなく、鎌倉ツウならではの、限定の一品「まぜSOBA」を頂きました。汁なし系ラーメンを食べ歩く私にとっては、大好物のジャンル飯。上品なお料理の盛り付けと丁寧な味の仕上がりに、鎌倉で特別な食べ物を上品に頂く、いつもとは違う幸せな気分になります。食後は、鎌倉に800年以上前から鎌倉のランドマークとして在り続ける鶴岡八幡宮を訪問し、源頼朝が開府した鎌倉の歴史を感じて参りました。新たな武家の世を切り開いた源頼朝と北条政子を中心に繰り広げられる鎌倉時代のドラマが詰まった場所です。鎌倉の政治闘争で権力が移り行く、鎌倉の始まりから幕府終演までの歴史観光の入り口として、立ち寄ってみて下さい。いつもとは違う視点で鎌倉を楽しめます。

 

#鶴岡八幡宮#小町通り#ラーメン#観光Vlog

絶品スペアリブと日蓮宗最古の寺院


鎌倉小町の「tsuu(ツウ)さんで、ふわふわトロトロの絶品スペアリブをメインとしたコース料理を頂きました。100年の歴史ある蔵を利用した店内の空間で味わえる美味しいお料理は最高です。カフェ&ギャラリーのコンセプトから、多くのLiveイベントや美術展示会なども開催されています。お店を訪れる常連さんは幅広く、鎌倉の重鎮達もお忍びで訪れる程の憩いの場所です。食後は、日蓮宗最古の寺院「妙本寺」を訪問し、日蓮が命がけで布教活動をした歴史を感じて参りました。鎌倉駅からも近く、鎌倉の自然を満喫できる癒しスポットなので、立ち寄ってみてください。

 

#妙本寺#tsuu#小町#カフェ#観光Vlog



希少ブランド豚トンテキと北条泰時ゆかりの最古遺跡


鎌倉材木座海岸で人気の「キコリ食堂」さんで、湘南ブランド「みやじ豚」を使ったトンテキ定食を頂きました。食後は、日本最古の築港遺跡「和賀江島」を訪問し、鎌倉幕府第3代執権「北条泰時」の歴史を感じて参りました。鎌倉デートや海水浴の際は、立ち寄ってみてください。

 

#和賀江島#キコリ食堂#材木座#トンテキ#観光Vlog

ジャンボ唐揚げと北条政子ゆかりの寺院


鎌倉御成の地元民から愛される「AKARI DINING」さんの激うまジャンボ唐揚げを頂きました。食後は、鎌倉五山 第三位「寿福寺」を訪問し、源頼朝の妻であり尼将軍と称された「北条政子」の歴史を感じて参りました。ひとりでも楽しめる鎌倉の観光として参考にして下さい。

 

#御成#AKARIDINING#寿福寺#唐揚げ#観光Vlog